Skip navigation

Category Archives: ギャンブルについてみんなの意見

「あなたはパチスロ派?それともパチンコ派?」

ちなみに私は、パチンコ派からパチスロ派に移行した20代のスロッターです。

当時、友達に連れられるがままに入って初めて覚えたのはパチンコでした。

世間一般でささやかれる「ビギナーズラック」というものが私に舞い降りてきたのがパチンコにどっぷりつかる生活の始まりでした。

パチンコを覚えたての頃は、とにかく演出を見ることが楽しくて、収支もつけずに毎日のようにパチンコを打ち続けていました。おそらく大きな損失を被っていた事でしょう(笑)。

その生活を1ヶ月ぐらいすると次第に、パチンコ店の環境にもなれ、「なんとか稼ぎたい!」と思うようになりました。今思えば、それがパチンコ派からスロット派へと転向するキッカケでした。

具体的には、稼ぎたいと思うようになってから、台を回転させることもなく下に落ちて行くパチンコ玉の行方を追うようになりました。

「4円消えた・・・4円消えた・・・」と心の中でいつも叫んでいました。

しまいには、「この玉たちは俺に夢も希望も与えぬまま、ただただ、4円というお金を奪っていく金食い虫だ」とも思うようになりました。

その時に、私は決意しました。「スロット」に挑戦してみよう!

そして、その決意を胸に、私は当時稼働率が高かった「バジリスク2」と対峙したのです。

ここでも「ビギナーズラック」が私には舞い降りてきました。そのとき、1枚約20円という圧倒的掛け率のおかげで私の財布は潤いました。

ここからはもうパチンコに戻ることができません。

1枚20円と考えると高いですが、データを見て座る台を判断し、小役などから設定看破でき、また、自分でコインを投入し、BETボタンを自らの手で押し、自分のタイミングでレバーオン!!この一連の作業は私に虚無感を抱かせることはありませんでした。

しかしながら、スロットの恐ろしさを徐々に味わってきています。

当たらないときは当たらない!そして、お金が減るスピードが尋常じゃなく早い。

本格的にスロットに転向してから、バイト代を全て持って行かれることがよく起こるようになりました。

お金欲しさにスロットに転向しましたが、結局、パチンコもパチスロも高い勝率を保ち続けることは難しいようです。とはいえ、やめるつもりはありません。ただ、ギャンブルはほどほどに(笑)。

私がやっているギャンブルは、宝くじと競馬です。宝くじは、ロトを主にしています。ロトでは、クイックピックと言って、機械が数字を選んでくれる方法がありますので、私はそれでロトを購入するようにしています。ギャンブルの中でも、宝くじは、自分で当てにいくものという感覚ではなく、運だという思いが強いからです。好きな数字ばかりを購入していると、偏りも出てきてしまい、せっかく宝くじを購入しているので、同じような数字ばかりしか購入できないからです。クイックピックで購入しても、それなりに当たることもあるので、私は楽しんでいます。中には、数字などを研究して購入している方もいるようですけど、それはそれで楽しいと主増す、ギャンブルはお金を楽して儲けるだけじゃなくて、それを楽しめないと意味がないと思いますから、研究するもよし、運に全て任せるもよしだと思っています。

あとは、競馬です。これは、地方競馬を購入して楽しんでいます、楽天競馬で簡単に購入できるので、時間があるときに購入しています、競馬は余裕がないと購入出来ないですから。宝くじは運だと思いますけど、競馬などは研究だと思っていますから。最初にはまったのは、100円で買った3連単で万馬券を当てたからだと思います。それから、万馬券を当てたことはないですけど。それでも、楽しくやっています。競馬をやり始めると、どれだけ万馬券がすごかったんだと改めて感じます、ビギナーズラックじゃないですけど、最初は怖いものなしで購入できる強さがあったから、万馬券を当てられたのだと思います。今は、100円でも、なかなか万馬券が出そうな3連単を購入することは出来ないですからね。今は、1000円で単勝を購入することが主です、これの方が勝率がいいからです。この買い方で、買い続けると基本的に負けないです。大穴などを狙うと、大金も入りますけど、負けることも多いと思いますので、単勝でも絶対に勝てる馬を選んで購入します。それでも、たまに負けることもありますけど、最終的にプラスになればいいかなという考え、ギャンブルは楽しんでやるのをモットーにやっています。それが出来なくなったら、ギャンブルをやめないといけないですから。

パチンコ・パチスロをやっている人の大半は運任せで勝負をしていると思います。ですが世の中にはパチプロと言われるパチンコ・パチスロで生計を立てている人が存在します。

他の競馬や競艇などはその日の馬のコンディションや転向、運に左右されやすいですがパチンコは機械ですのでコンディションなどは関係ありません。パチンコの場合は釘を見ればその台は回るのか回らないのかが分かるため、ある程度の日当はすぐに計算できます。スロットの場合は設定と言われる物が存在して1から6までがあり、1が最も勝てない設定で6が最も勝てる設定になります。

この釘や設定はお店によっては本当に回らない台や設定が低い台ばかりのお店も存在するので店選びは必要不可欠と言えます。無い物を探すだけでも相当の投資になるため、しっかりと客の事を考えて釘の調節や設定を入れているお店を見つけないと勝ち続けることは不可能です。

パチンコは釘と当たりを引く自分の運でその日の勝敗は決まるのですがスロットは後何ゲームで当たりが約束されている天井と言う嵌まり救済処置があるためパチンコよりも勝ちやすいと思います。勿論その天井に到達できなかった場合は痛手を負いますが、天井に近い台しか打たないので大きな負けにはならないです。

ギャンブルの中でも勝ちやすいと言うのがこの低投資で大きなリターンを狙えるからです。設定狙いでも構わないのですが、お店によっては設定が入っていないので天井狙いが収支的にも安定すると思います。相手は機械なのでお店が何か基板などを弄って不正をしていない限りはしっかりと収支も収束していくのでオススメだと思います。パチンコの場合はスロットにある天井がないので1日当たりを引けない事もあるので投資できる資金が少ない場合はオススメ出来ません。

全てのギャンブルに言えることですがデータをしっかり見て知識を蓄えないと優位に立つことは難しいので知識を得た方が良いです。今はネットが普及して情報が簡単に手に入るので分からない事があれば調べるのも一つの手です。

パチンコで勝つためには、もちろん釘の読み方であったり、ある程度の技術介入も必要になります。

しかし、今のパチンコは昔ほど技術介入要素も少ないですし、釘読みに関しても見ただけで完璧に分かる人は、ほとんどいないと思います。

したがって、これら2つの要素も大事ではあるのですが、それ以上に大事になってくるのは、やはりお店選びだと言えます。

結局、お店がしっかりと還元をしてくれなければ、釘読みも技術介入も何の意味もなさなくなるのです。

いくら釘がしっかりと読めても、そもそも釘を開けてくれないお店では、勝負の土俵にも立てないのです。

ですから、まずはしっかりと還元をしてくれるお店を探して、そのお店で釘読みや技術介入をすることが大事なのです。

そこで問題となるのは、還元してくれるお店をどう探すかです。

もちろん、1つ1つの店舗を見て回って、自分の目で確かめることも大事ではあります。

しかし、パチンコに費やせる時間も限られるでしょうから、自分の地域だけでも全てのお店を見て回るのは困難だと思います。

そこで、インターネットの掲示板などを利用して、事前に優良店とそうでないお店をピックアップしておきましょう。

そして、掲示板で評価の高いお店に、実際に足を運んでチェックしてみるようにしましょう。

ただし、掲示板の情報も絶対に信頼できるわけではありません。

負けた腹いせに書き込みをしている人もいますし、逆に自分が勝ったという理由だけで褒める人もいるのです。

ですから、掲示板の情報は参考にはなりますが、あくまで自分で確かめることがメインだと言えるのです。

実際に見ても良さそうなお店だと思ったら、実際にそのお店で打ってみるようにしましょう。

その際にも、お店の傾向をしっかりと把握し、どの台に力を入れているのは、どの曜日やどの日にちに還元するかなど、細かい部分までチェックを怠らないようにしましょう。

お店の傾向が分かれば、あとは釘読みと技術介入で、勝率を大きく上げることができるのです。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !